メニュー例

ランチメニュー例

さぶろう亭で提供されるごはんは、すべて『石窯土鍋ごはん』です。石窯の遠赤外線効果で甘みが引き出された、一味違うごはんをご堪能ください。(メニュー例は季節や日によって変わる可能性がございます)

炭水化物ダイエットをされている人も、諦めてしまうほどの美味しさです。

※それぞれのランチメニューに
おまかせ手作りデザート +¥200
石窯焙煎コーヒー +¥200
各種ジュース +¥150
以上の価格でセットにできます。

新メニュー!

長萩和牛サーロインの石窯焼き

¥4,000(100g)(ごはん・スープ付)

単品の場合、

¥3,700(100g)

¥6,800(200g)

上品な脂身で旨味があり、柔らかさが特長の山口県産『長萩和牛』。
石窯内の炭火の香りもまとわせながら、ジューシーに焼き上げます。

周防大島産「龍神の鹽」・「自家製柚子胡椒」・カンボジア産「生アンコールペッパー」と共にお召し上がりください。

旬な魚の石窯塩焼き
おろしポン酢


(ごはん・味噌汁付 ¥1,200税込)
新鮮な旬の魚に「百姓の塩」を振り、石窯の高温の炎と共にほどよく煙も当てながら焼き上げました。煙を当てることで燻製効果があり、香りもお楽しみいただけます。
大根おろしに自家製ポン酢をたっぷりとかけてお召し上がりください。

むつみ豚肩ロースの石窯焼き

大島ぶどうの赤ワインソース

(ごはん・スープ付 ¥1,600税込)
『百姓の塩』で下味をつけた豚肩ロースを石窯の遠赤外線効果で、しっとりと焼き上げます。 『みらいガーデンファーム』さんのぶどうを赤ワインと赤ワインビネガーでじっくり煮込んでソースにしました。 濃厚な旨みのあるソースとむつみ豚の相性が抜群です。

石焼き麻婆丼



(¥1,000税込)
石窯土鍋ごはんを、熱した石の器でほどよくおこげを作り、麻婆あんをかけて、熱々の麻婆丼をお召し上がりください。
辛さは控えめにしています。 『自家製麻辣オイル』で辛さを調節してください。

スパイシースープカレー

(¥1,400税込)
地元の旬の野菜と鶏手羽元など、ボリュームたっぷりの具材を石窯でじっくり焼きました。
合わせるスープは、長州黒かしわのガラスープと大島産いりこなどの和風だしのWスープ。
スパイスを効かせた和風スープカレーに仕上げています。
食べ方は自由です。ごはんとカレースープを交互に食べるもよし。ごはんをスプーンですくいカレースープに浸しながら食べるもよし。
刺激をお求めの方は『特製ジョロキアカレーオイル』をどうぞ。香味野菜・スパイス、そして激辛唐辛子『ジョロキア』をじっくり抽出した、辛味・風味をアップさせてくれるオイルです。

さぶろう亭の煮込みハンバーグ

(¥1,400税込)
山口県産の長萩和牛とむつみ豚を細挽きと粗挽き、2種類の挽き方で触感に変化を出し、20種類以上の香味野菜やスパイスを練り込みました。 石窯で香ばしく焼いた後、和風デミグラスソースと一緒に長時間真空調理することで、ふんわり仕上がり、じっくりと中まで味が染み込んでいます。

長萩和牛の石窯ローストビーフ 自家製ポン酢

(¥2,200税込)≪数量限定≫
上品な脂身で旨味があり、柔らかさが特長の山口県産『長萩和牛』。 綺麗にサシの入った赤身のもも肉を石窯内の炭火で香ばしく表面を焼き、低温真空調理でしっとりと仕上げています。 香りが抜群の『アンコールペッパー』を振り、自家製のポン酢と柚子胡椒であっさりとお召し上がりいただけます。

ドリンク

()内はセット価格
〈価格はすべて税込み〉
石窯焙煎コーヒー¥500(¥200)
カフェ・オ・レ¥500
紅茶¥450(¥150)
大島みかんジュース¥400(¥150)
りんごジュース¥400(¥150)
コーラ¥400(¥150)
ジンジャーエール¥400(¥150)
ミルク
(ホット・アイス)
¥400(¥150)
キリン一番搾り
(中瓶)
¥700
グラスワイン
(赤・白)
¥500
日本酒¥500
キリン零ICHI
(小瓶)
¥450
獺祭の甘酒¥450
梅酒サワーテイスト¥450

石窯焙煎コーヒーについて

さぶろう亭のコーヒーは、自家製『石窯焙煎コーヒー』です。フィルタードリップによる、こだわりの一杯を是非ご堪能ください。

コーヒー豆の種類

さくらブルボン(ブラジル)
さくらの花のフレッシュさをイメージさせる。

KIBO(タンザニア)
深いコクとほのかな酸味が心地よい。

スイート&フラワーズ(コロンビア)
甘みと華やかな香りが特長。

ゴールデンビートル(パナマ)
独特の酸味と甘みがあり、余韻がやさしい。

デザート

(¥500税込)
手作りケーキとフルーツの盛り合わせ

地元でとれた芳醇なフルーツや、大人なケーキをお楽しみください。
日によって内容が変わります。

なぜ、さぶろう亭ではフィルタードリップでコーヒーを淹れるのか・・・。

フィルタードリップされたコーヒーの大きな特徴は、油分も抽出されることです
油分=コクのあるコーヒーになります。

ただ、雑味(渋み・えぐみ)が一緒に抽出されてしまうという欠点もあります。

焙煎してから、特に1~2日目はガスの発生が多く、香り・苦味・甘味・酸味等が
バラバラでまとまりがありません。

3日目あたりからガスの発生も落ち着いてきて、バランスのいい味わいになってきます。

うまく焙煎できた豆でも、どうしてもわずかな雑味を感じますが、日にちを置いて、
味わいがなじんでくると、わずかな雑味がコーヒーに深みを与えてくれる。

雑味もそれぞれの豆の個性だと考えます。

それぞれのコーヒー豆が持つ味わいを、そのままお客様に味わっていただきたい。

ですから、フィルタードリップにこだわりたい。

コーヒーカップからの香り。
口に含んだ時の味わい。
飲み込んだ後の余韻。

世界各地のコーヒー豆を石窯で焙煎した、こだわりの一杯をゆっくり味わっていただけると幸せます。