広島出身の日本画家「阿部エリカさん」の素敵な絵画がさぶろう亭に来てくれました。

広島出身の日本画家「阿部エリカさん」の素敵な絵画がさぶろう亭に来てくれました。


ご両親は、横浜から周防大島の外入に引っ越して来られました。
その外入の家に保管してある中から、この

「底知れぬ」

という題名の水蛸の絵画をお借りすることができました。

阿部エリカさんの名刺にこの絵画が使用されていました。

「是非実物を見せて下さい、もし可能であれば飾らせて下さい」

とお願いしたところ、快諾。

足がはみ出すほどの大胆な構図と躍動感。

一方で体表の細かな色彩。

目や吸盤に使用されている金箔、銀箔が渋く光を反射します。

昼と夜で表情を変える変幻自在の水蛸の印象を受けました。
ご来店の際には、是非じっくりとご覧ください(^.^)


阿部エリカさん、ありがとうございます❗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です